↓ 2022年1月最新のオススメ【急募求人】はこちら↓

風俗店員の年収は本当に高収入なの?【年収1000万はウソ?】

高収入求人ブログ

今回は風俗店員の年収について紹介します。

一般社員(ヒラの店員): 月収25万~30万円以上(年収360万円~400万円台)
マネージャー(主任とか): 月収40万ぐらい(年収400万円~500万円台)
店長: 月収50万円~80万円(年収600万円~1000万円・店による)
エリアマネージャー(本部長・役員): 年収1000万円以上
オーナー: 年収1億円以上(複数店舗を経営しているグループオーナー)

最初に結論から言うと、
風俗店員の年収は上記のようになっており、
1000万円を超えるのは店長でもよほど儲かっている店舗だけです

ただ、風俗スタッフは出世が非常に早いため3年ぐらいで役員に昇進する人もいるため、
求人票に書かれていることはあながち間違いでもありません。

風俗店員の年収は本当に高いの?

アップステージメンズバニラ俺の風など、風俗スタッフの求人サイトで風俗店員の募集を見ていると

未経験でも月収50万円以上!年収1000万円以上確実!

とか、ありえないような高収入が書かれています。

ですが、風俗店員に就職していきなり、本当にこんな収入がもらえるわけじゃないです。
最初はどこのお店も25万円~35万円スタートがほとんどです。

たとえば、関東地方に40店舗近くのデリヘルを運営する企業(仮にA社)の求人を見てみましょう。

A社では、月収50万とか年収1000万とかいうお給料は、店長クラスにならないともらえないです。

さらに、入社当初は店長候補か店舗スタッフからスタートするから、初任給は26万~34万です。

このグループではいきなり店長採用という特殊なキャンペーンをやってるけど、通常は いきなり店長からスタートすることはできないのです。

A社の給与

店長・幹部候補
月収80万円以上

店舗スタッフ
月収36万円~

このような求人票は風俗スタッフの求人サイトでよく見る給与体系です

やはり月給80万円を超えるのは店長にならないとだめです

そして、いきなり店長にはなれないから最初は平の店舗スタッフの給料である36万円からスタートするでしょう。

風俗店員の月収が高い理由

風俗店員の月収が高い理由は2つ。

一つは月収をある程度高くしないと人が集まらないから。

風俗店員は不人気な仕事だからこれはなんとなくわかると思う。

もう一つの理由は休みが少ないからです。風俗店員はたいてい週休2日ですらないです。隔週休2日のシフト制とかそんなんです。

風俗男性スタッフの休日数・勤務時間・拘束時間について
風俗男性スタッフの休日数・勤務時間・拘束時間について説明します。 風俗男性スタッフの休日数・勤務時間の相場 風俗男性スタッフの休日・勤務時間 休日 週休1日~2日 勤務時間 10時間~...

隔週休とは、たとえば第2土曜と第4土曜+日曜日が休みで、第一と第三土曜が出勤という地獄のような勤務体制です。

おまけにシフト制だから祝日もなく、有給を消化して休みを取ることがほとんどだと思う。正月三が日も有給を使って休むことになります。

さらに労働時間は12時間拘束の9時間労働とか、労働基準法を守っているのか無視しているのかよくわからない勤務時間になっていることがほとんどです。

もちろんこれはマシな方で実際は有給すらないというか社会保険にすら入っていなくて、週休1日でずっとこきつかわれる風俗店員もあるでしょう。

このように、風俗店員は拘束時間が長く労働時間が長いせいで給料が高めに設定されているのが実情なんです。

 

平均年収を公開している風俗店も

さらに、社員の平均年収を公開している風俗店もあります。

たとえば、スタイルグループという、新宿で無店舗型風俗を経営している企業があります。スタイルグループの平均月収は48万2000円だそうです。

さらに、スタイルグループは平均年収も公開していて、なんと659万円もあるそうです。これはアース製薬の年収と同じで、マツダやアシックス、資生堂などの日本を代表する有名企業よりも高い数字です!

アース製薬の年収:659万円
マツダの年収:656万円
アシックスの年収:653万円
資生堂:651万円

 

出典:年収600万円の職業・仕事・企業ランキング

じゃあ求人広告に書かれている年収はウソなのか?

じゃあ、風俗店員の求人広告に書かれているような、月収50万円とかの数字は全くのデタラメなのか?

ぶっちゃけた話をすると、まるっきり嘘でもないんです。

風俗店員の本当の年収

風俗店員の年収を簡単に紹介すると、

一般社員(ヒラの店員): 月収25万~30万円以上(年収360万円~400万円台)
マネージャー(主任とか): 月収40万ぐらい(年収400万円~500万円台)
店長: 月収50万円~80万円(年収600万円~1000万円・店による)
エリアマネージャー(本部長・役員): 年収1000万円以上
オーナー 年収1億円以上(複数店舗を経営しているグループオーナー)


こんな感じの給与体系になっています。
もちろんこれは大手のグループ店の場合で、こじんまりしたところはもっと少ないでしょう。
これを見るとわかるが、月収50万、年収1000万円とかの待遇は、最低でも店長クラスにならないともらえないです。

もっというと店長で年収が1千万円いくのはごく一部の人気店だけでほとんどのお店は600万ぐらいが適正年収だと思う。
つまり、風俗店員の求人広告に書かれているような高収入をもらうためには、店長かその上のエリアマネージャークラスにならないとダメだってことですね。

風俗店員は異常に出世スピードが速い

でも、風俗店員は異常に出世スピードが速い。
離職率が高く、普通な人材が入ってこない業界だから、
デキる人はすぐに店長になれます。
実際、入社して一年以内で店長になる人とかもザラにいる世界です。

だから、求人広告に書かれている

入社たったの1年で年収1000万!

とかも完全に嘘ではないって訳です。

実際、20代でエリアマネージャーになって、そのあと独立して金持ちになった人とかも多いです。

爆発的な高収入はグループ統括~役員レベル

では、風俗店員の収入が1000万円以上のレベルには、いつ到達するのか?

多くの風俗グループでは1000万円以上の高収入はエリアマネージャーかグループ統括クラスでないと支給されないです。

これは一般企業だと本部長~役員に該当する。このレベルまで到達すると1千万はおろか2千万~3千万以上もらってる人もいるみたいです。

さらに、新しい風俗グループを立ち上げる時の社長に抜擢されればそれこそ青天井に稼ぐことも可能です。
私が知っている限り、100億円規模の収入がある風俗グループは10個ぐらいあります。

そこまでの規模じゃなくても、数店舗~10店舗ぐらいを経営している風俗グループのオーナーになれれば、年収も億は軽く超えるでしょう。

まとめ

風俗店員になっても、いきなり求人広告に書かれているようなお給料はもらえないです。月収25万から35万スタートのお店がほとんどです。
というか、月収50万とか、年収一千万とかの高収入は最低でも店長クラスじゃないと支給されないんです。
でも、この業界は離職率が非常に高いから、ちょっと頑張っただけですぐに出世できる。

だから、就職して3年位で店長になって、本当に1000万円以上稼いでいる人もいる世界です。

ホントに遅刻しないとか、お店のお金を抜かないとか、当たり前のことをするだけでも十分通用するから、どこにも就職できないのなら是非風俗店員の就職を検討してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました