↓ 2022年1月最新のオススメ【急募求人】はこちら↓

風俗店員は危険?風俗店にスタッフとして就職したら逮捕されるリスクはあるのか?

高収入求人ブログ

どうも!ガラパゴスジョブの庵野です!今回も風俗店員の逮捕リスクについて説明しましょう。

平の風俗店員が逮捕されるリスクはゼロ!

ぶっちゃけて言うと、管理職でもない平の風俗店員は逮捕されるリスクは全くないです。おそらく他の仕事(会社員など)ぼ比べても逮捕されたりする危険は殆ど変わらないと思います。

もちろん、あなたが店のレジからお金を抜いたり、お店の女の子にちょっかい出したりした場合は話は別ですw

逮捕される原因①

風俗店が摘発されるケースは主に2つあります。
一つは本番行為です。
これはお店ぐるみで本番をあっせんしていた場合、警察に摘発されます。
この場合逮捕されるのは責任者である店長クラス以上です。

具体的な事例としては、デリヘルのホームページに本番OKみたいなことをほのめかしたり、l
エステ店でこっそり本番行為を行ってると摘発対象になります。

ただ、大手グループで今時本番をあっせんしてるとこなんか全くないと言い切れる。
なぜなら、過激な経営を行っている店舗はすでに警察に摘発されているからです。

だから、逮捕リスクが大きいのはホームページもロクに更新されていないような中小の風俗が一番やばいんじゃないでしょうか

暴力団絡み

二つ目のリスクとしては、ヤクザがらみです。近年は暴力団の取締がかなり厳しくなっており、ヤクザ組織に属していなくても、上納金などを収めているだけでも暴力団関係者とみなされます。

暴力団と関係していることが発覚した場合、経営者は逮捕され、店舗は閉店されます。ただ、この場合はもちろん末端の従業員は関係ないからおとがめなしになります。

これも大手の場合だとヤクザとの関係が一切ないところが多いから、あまり気にする必要もないな。

あとヤクザがらみの場合、捕まるのは風俗店員ではなく経営者層だけだから、末端には関係のない話ではあります(職場がなくなるという最大のネックはあるのですが)

定期的なガサ入れも

あとは、定期的なガサ入れの対象になってしまい、逮捕されることもあります。これは警察が定期的にソープランドや店舗型ヘルスなどを家宅捜査して微罪で逮捕する恒例行事のようなものです。

近年では都内のピンサロ店が「店内で従業員女性に性器を露出させた疑い」という完全ないちゃもんレベルの罪で摘発された。
これはオリンピックの前の見せしめ逮捕だというのが有力です。このように、風俗店を営業していると理不尽な罪で警察に逮捕されるリスクというのがつきまとうんです。

ただ、もちろん本当に何もしていない店舗が逮捕されることはまずないです。

何かやましいことがあったり、近隣住民とトラブルになっていたり、警察に被害の相談や通報が多いところが目をつけられるという噂です。

あとは店舗を拡大してもうけまくっていると何かやましいことがあるんじゃないかと警察に目をつけられて見せしめに逮捕されることもあるみたいです。

もちろん、ガサ入れの場合も逮捕されるのは店長クラス以上だし、逮捕されたとしても微罪だからすぐに釈放されてお咎めなしのケースが多いです。

風俗店が逮捕・起訴されて裁判沙汰になるのはほぼほぼ本番あっせんか暴力団がらみのどちらかです。

どうしても逮捕が気になるならエステや手コキがおすすめ

ただ、どうしても逮捕が気になるのなら風俗エステや手コキなど、ソフトサービスの風俗店がおすすめです。

エステや手コキならどうやっても本番につながらないから非常に逮捕されにくい。特に店舗型より派遣型のほうが安全です。

デリヘル形式の派遣型風俗は全国に何万店舗とあるから警察も全部管理できない。だからヘルスやソープ、ピンサロよりはデリヘルのほうが逮捕されにくいでしょう。

デリヘル男性スタッフ店員の求人・仕事内容・給料・待遇について解説!
デリヘル男性スタッフ店員の求人・仕事内容・給料・待遇について解説します! デリヘル男性スタッフ店員とは デリバリーヘルスとは無店舗型の風俗店です。無店舗型とは、お客さんがデリヘル店に電話をかけ、デリヘル店は女の子をホテルやお客さんの自宅...

まとめ

風俗店員として働いていて逮捕されるリスクはまずないです。
店長クラス以上になると逮捕されることもあるが、健全に経営していれば逮捕されることはまずないです。
どうしてもリスクを恐れるなら、エステとかオナクラとか、どうやっても本番に結びつかないお店を選ぶといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました